STAFF VOICE / 先輩の声 4

株式会社クラブメディア 
かがやき編集部

編集長 山本さん(30代後半/2020年 中途入社)

金沢美術工芸大学

モットー:細心にして大胆なれ

仕事内容を教えてください

「「かがやき」の編集長です!」

全国15万件のクリニック経営者とそのご家族に向けた会員制ダイレクトマガジン『かがやき』を編集しています。記事の編集や制作だけではなく、広告営業も行うため、社内の各部署と連携をとっています。

どんな感じでお仕事されていますか

とある1日のスケジュールをご紹介します。

08:20
出社/ニュースや各界の動向チェック
09:00
外注のデザイナーやカメラマン、ライターからのメールチェック、修正指示、指示ラフ制作
12:30
他の雑誌やWeb情報をチェックしながら昼食
13:00
メールや電話などで広告営業、商談、見積書や請求書の発行、社内各所へ社内営業と情報収集
15:00
デザイナーやカメラマンとの打ち合わせ、原稿執筆、トピックス制作、校正原稿の送付、日報(週報)を提出
19:00
退社

仕事のやりがいや苦労したことを教えてください

「多岐にわたる取材に日々勉強は欠かせません。」

2020年に発刊された新しい媒体であるため知名度が低く、営業や取材の交渉の際にも不審がられ話を聞いてもらえないことに苦労しました。また、歯科だけではなく、医科や薬局、動物病院の先生方も読む雑誌なので、コンテンツが幅広く、専門性も多岐に渡ります。そのため、未知の内容も多く、取材の際は常に勉強が欠かせません。さらに、Ciのグループ会社と知る方には「Ci所属の編集者」として、相手の中でのハードルが上がってしまうことがよくあります。そんな方々にも納得してもらえ、読者の反響も良かった時、取材対象の思いや伝えたかったことがきちんと読者へ伝わったという達成感を感じます。
一人で制作と営業を行うため、仕事は膨大です。社長や部内のメンバー、他部署の方々にもこまめに相談し力を借りています。

これからの目標や5年後のビジョンを教えてください。

「多職種連携のプラットホームメディアへ」

少子高齢化待ったなしの日本では健康寿命の延伸への取り組みは欠かせません。歯科や医科、薬局などの各分野がお互いに興味を持つことのできる多職種連携のプラットホームメディアとして機能していきたいと考えています。

入社理由(転職の決め手)は?

「石川県から全国へ情報発信をしたい」

金沢を中心とした北陸のタウン誌を発行する出版社に勤務していました。歯愛メディカルとも繋がりがあり、歯愛メディカルで、日本全国に向けた新たな媒体誌を立ち上げる話をいただき、石川県から全国に情報発信ができると思い転職を決意しました。

歯愛メディカルの社風はどんな感じですか

「社員から学ぶことも多いです。」

「道徳なき経済は罪であり、経済なき道徳は寝言である」という二宮尊徳の言葉を体現するような、「経営と理念」を個々で大切にしている社風です。常に新しいプロジェクトが立ち上がっており、活気があります。また、中途採用の専門知識豊富な社員が多く、学びが多くあります。

社員食堂のオススメメニューは?

普段はお弁当を持参していますが、イレギュラーでカレーうどんが出た日は注文してしまします。B級グルメ「金沢カレー」とルゥが同じという噂もあり、個人的にはぜひカツを乗せてほしいです。自販機にコーヒーやカフェオレと並んでしじみ味噌汁があり、いつでも飲めるのもユニークです。

仕事上欠かせないアイテムは?

「固形アラビックのり最大サイズ(115g)です!」

固形アラビックのりYSシリーズの最大サイズ(115g)です。束見本の作成などに重宝しますが、見慣れない大きさのせいか、使っていると驚かれます。珈琲とお茶が好きなので、マイタンブラーは常に2つデスクに置いてあります。